高橋一生の鼻の傷跡の原因はなぜ?傷跡がない時期やマシになっている時期は?

高橋一生の鼻の傷跡の原因はなぜ?傷跡がない理由は切開手術?

どんな役にもなりきる”カメレオン俳優”として、高い演技力を評価されている高橋一生さん。

端正な顔立ちで、女性からの人気も絶大です。

そんな綺麗な顔立ちをした高橋一生さんですが、鼻の傷跡を心配される声を多く聞きます。

この記事では

  • 高橋一生の鼻の傷跡を確認する
  • 高橋一生の鼻の傷跡は粉瘤で原因は実ははっきりわかっていない
  • 高橋一生の鼻の傷跡を時系列順で確認する
  • 傷を乗り越えた高橋一生に不屈の役者魂を感じる

心配されている鼻の傷跡はどうしてできたのか、原因は何か詳しく調べていきます。

目次

高橋一生の鼻の傷跡を確認する

高橋一生の鼻の傷跡を確認する
画像出典 伝えたいことをわかりやすく

高橋一生さんの鼻の傷跡です。親指を上に上げる

かなり目立ちますよね、綺麗なお顔に痛々しいですね。

手術跡ということですが、どのような手術で原因は何だったのでしょう。

高橋一生の鼻の傷跡は粉瘤で原因は実ははっきりわかっていない

高橋一生の鼻の傷跡は粉瘤で原因は実ははっきりわかっていない
画像出典』ガールズちゃんねる

高橋一生さんの鼻の傷跡については「整形?」「がん?」などの噂が出ていますが、どれも間違いで「粉瘤」という病気が原因、それを取り除くための手術をした手術跡です。

粉瘤とは

皮膚の下に袋状の構造物ができ、本来皮膚から剝げ落ちるはずの垢(角質)が、剥げ落ちずに袋の中に溜まってできた腫瘍の総称。アテロームとも言われる

両性の腫瘍だが、ときに化膿して真っ赤に腫れ上がったりすることがある。

炎症を起こした粉瘤を放置すると、病態が進行して幹部の腫れや痛みがひどくなったり袋が破裂したりすることがあるので、なるべく早くに病院を受診する必要があるようです。

粉瘤の原因については、明らかになっていませんが、外傷の刺激などによりできることもあるようです。

原因①元カノとのケンカ

高橋一生さんの鼻の傷の原因は、元カノとのケンカでできた傷が元で粉瘤ができたためという噂があります。

高橋一生さんの元カノというと、熱愛報道があった、

  • 尾野真千子さん
  • 田中麗奈さん

尾野真千子さんの画像

尾野真千子さん
画像出典 Yahoo

尾野真千子のWikipedia

尾野真千子さんとは2011年にドラマの共演がきっかけで交際が始まっていますが、数か月で破局しています。

原因①元カノとのケンカ
画像出典 Twitter

田中麗奈さんの画像

田中麗奈さんの画像
画像出典 Yahoo

田中麗奈のWikipedia

田中麗奈さんとは2013年に手つなぎデートがスクープされています。

原因①元カノとのケンカ
画像出典 kyun kyun

ですが、どちらも女優さんですので、高橋一生さんの顔に傷をつけるということは、常識的に考えられないですね。

時期的に考えても、高橋一生さんの鼻の傷跡とは関係は無いようです。

原因②2008~2009年に粉瘤の手術をしている

原因②2008~2009年に粉瘤の手術をしている
画像出典 アメブロ

高橋一生さんは2008年に、鼻の横にできたデキモノがきになり病院へ行ったところ「すぐに手術をして腫瘍を摘出する必要があります」という深刻な診断がくだりました。

2009年に手術をうけ、1年ほど仕事をほぼお休みし、傷跡の回復を待っていたということです。

高橋一生の鼻の傷跡を時系列順で確認する

高橋一生の鼻の傷跡を時系列順で確認する
画像出典 ガールズちゃんねる

発症していない時期2004年まで

2004年「半落ち出演時」は傷跡が見えないのが確認することができました。

2004年「半落ち出演時」は傷跡が見えません。
画像出典 livedoor

発症時期2005年~

クライマーズ・ハイ出演時の高橋一正さんの鼻にデキモノのようなのが確認することができました。

クライマーズ・ハイ出演時の高橋一正さんの鼻にデキモノのようなのが確認することができました。
画像出典 Twitter

2007年 NHKドラマ「風林火山」に出演していた時の高橋一生さん、鼻の横に粉瘤があるのが分かります。

2007年 NHKドラマ「風林火山」に出演していた時の高橋一生さん、鼻の横に粉瘤があるのが分かります。
画像出典 Twitter

2008年 ドラマ「1ポンドの福音」に出演していた時、少し粉瘤が大きくなっています。

2008年 ドラマ「1ポンドの福音」に出演していた時、少し粉瘤が大きくなっています。
画像出典 Twitter

2011年 ドラマ「名前をなくした女神」に出演していた時、粉瘤は無くなり手術の後が痛々しく残っています。

2011年 ドラマ「名前をなくした女神」に出演していた時、粉瘤は無くなり手術の後が痛々しく残っています。
画像出典 アメブロ

「2016~2017年」傷跡がマシになっていく時期

2016年

傷跡がマシになっていく時期
画像出典 You Tube

2017年 ドラマ「カルテット」に出演していた時の高橋一生さん。傷跡が随分綺麗になっているように見えますが、よく見るとまだ残っています。

高橋一生の鼻の傷跡を時系列順で確認する
画像出典 Twitter

「2022年」マシになっているのか確認する

現在はマシになっているのか確認する

2022年 ドラマ「インビジブル」に出演。傷跡は無くなっているように見えます。

傷を乗り越えた高橋一生に不屈の役者魂を感じる

傷を乗り越えた高橋一生に不屈の役者魂を感じる
画像出典 yahoo ニュース

高橋一生さんの鼻の粉瘤は2008年に病院を受診した際、すぐに手術して摘出する必要がある深刻な病状でした。

手術は鼻の内側ではなく、表面からメスを入れる手術だったため、傷跡が残ってしまう可能性も指摘されたそうです。

役者生命にかかわる手術だったため、相当な葛藤があったといいます。

高橋一生さんの病状は予断を許さない状態だったため、苦渋の決断を強いられます。

2009年に手術を受け、無事に成功したということですが、大きな手術跡が残ってしまいました。

「手術直後は、今よりも傷痕が目立っていたそうです。病気が完治するのかという不安を抱えての半年間の闘病生活。まだこれからの俳優としては、絶望してもおかしくない状況だったと思います」(前出・演劇関係者)

手術後初めての仕事は舞台でした。

テレビや映画だとどうしてもアップになった時に傷跡が見えてしまいますが、舞台だと観客が遠いので大丈夫との理由です。

早すぎる復帰に、周りのみんなが高橋一生さんの体調を心配したといいまが、高橋一生さんの回復力は凄まじいものでした。

舞台の関係者は「一見ナイーブに見えますが、精神的にも強い人なんだなと感心しました」と言っています。

復帰後はどんどん仕事が増えていき、大河ドラマの準主役を張るまでになりました。

役者生命にかかわる病を乗り越えた高橋一生さんに、不屈の役者魂を感じます。

まとめ

高橋一生さんの鼻の傷跡について詳しく調べてみましたが、いかがでしたでしょうか。

  • 高橋一生の鼻の傷跡を確認する
  • 高橋一生の鼻の傷跡は粉瘤で原因は実ははっきりわかっていない
  • 高橋一生の鼻の傷跡を時系列順で確認する
  • 傷を乗り越えた高橋一生に不屈の役者魂を感じる

役者生命にかかわる大きな病を、不屈の役者魂で乗り越えた高橋一生さん、休む間もなくドラマに出演しているように見えますが、これからもますます色々な役に挑戦してもらいたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる