池田美優(みちょぱ)の生い立ちが壮絶!5歳が最もヤバいが10代もスゴイ!人生を切り拓ける秘訣とは?

みちょぱ

Popteenの読者モデルでデビュー後、女性ファッションモデル、タレントでバラエティ番組でも大活躍している「みちょぱ」こと池田美優(いけだみゆう)さん。

「カリスマモデル四天王」の一人とされ、10代女子から絶大な人気があります。

みちょぱさんはいつも明るくて楽しそうで何の悩みもなさそうに見えますが、実は生い立ちが壮絶で様々な出来事を経験しています。

こちらの記事では、みちょぱさんの生い立ちや芸能界で活躍するまでの経緯を紹介します。

目次

みちょぱの生い立ち

笑顔のみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing

若い女性向けのファッション誌「Popteen」の別冊「JC Popteen」から読者モデルとしてデビューしたみちょぱさん

「みちょぱ」という呼称の由来は、小学校5年生で漫画『ONE PIECE』にはまり、自分の名前の美優の「み」と『ONE PIECE』のキャラクター「チョッパー」をかけ合わせて自分で作ったそうです。

そんなみちょぱさんは、その見た目からハーフ説がささやかれます。

ぽこきち

たしかに身長は高いし手足も長いし、顔も日本人っぽくないね。

静岡県浜松市北区で生まれる「純日本人」

みちょぱさんは静岡県浜松市北区で生まれ、現在は東京に住んでいます。

公式LINEブログでは2016年1月に自己紹介をしています。

池田美優(いけだみゆう)

みちょぱ

1998年10月30日産まれの17歳なう。

現役のJK2年生と

Popteenの専属モデルしてます👄

身長は166㎝体重は今わからん!笑

静岡の浜松出身で今は東京住み!

血液型はB型にみえるA型です。笑

引用元:池田美優オフィシャルブログ
静岡県浜松市北区で生まれる「純日本人」
画像出典 Twitter

両親はともに日本人ということが分かっていますので、みちょぱさんも純日本人です。

母親である京子さんの顔写真は、TVで時々公開されますね。

みちょぱ 母 兄
画像出典 Twitter
ぽこきち

若い頃のお母さん、今のみちょぱにソックリ~~!

実は、みちょぱさんの両親は離婚しています

そのため両親が離婚するまでは浜松で過ごし、離婚後に東京へ引越したので、浜松で過ごした期間はそれほど長くありません。

母・京子さんはシングルマザーとして兄とみちょぱさんを育てあげました。

幼少期にショックな出来事:みちょぱ5歳のエピソード

2020年6月放送のフジテレビ系『突然ですが占ってもいいですか』にみちょぱさんと母・京子さんが出演し、人気占い師の星ひとみさんに占ってもらました。

そのとき京子さんの離婚における壮絶な出来事について語っています。

22歳で結婚した母・京子さんは、24歳でみちょぱさんの兄を出産しました。

そして27歳でみちょぱさんを出産後、31歳で夫(みちょぱさんの父)と離婚しました。

しかし、みちょぱさん5歳の頃に同じ人と再婚、その後再び離婚の危機に陥ります。

原因は夫の浮気癖と育児放棄だそうで、このときの京子さんは「1年だけやり直してみようと思ったけど、1年もたなかった」と話しています。

離婚を申し出た母・京子さんに、夫は「みんなで自殺する」と逆上

気が動転した京子さんも包丁を持ち出す行動に出てしまいました。

すると夫も灯油を持ち出し、火をつけようと自宅2階まで駆け上がろうとしたのです

階段の下で京子さんと夫は揉み合いになり、京子さんはその時に足にケガを負ってしまいました。

最終的には裁判になり離婚まではかなり苦労したそうですが、その時のケガの写真が決め手で、ようやく離婚が成立したとのことでした。

みちょぱ母
画像出典 Twitter
ぽこきち

一歩間違えたら大惨事だーー!!

みちょぱさんは自分の幼少期にそんな壮絶な生い立ちがあったことに、すごくショックを受けていました。

それでも、幼い頃から母の苦労を見てきたみちょぱさん、最後には親子の絆がしっかりと深まったようです。

父親との関係は良好

みちょぱさんの父親は、母・京子さんのようにメディアに出たことはありません。

両親は離婚しましたが、みちょぱさんと父との関係は良好のようです。

父が住んでいる浜松に時々遊びに行っていますね。

幼いみちょぱさんがパパを見つけて手を振っている様子を見ると、父親のことが大好きなことが伝わってきますね。

唯一母を尊敬している

母・京子さんは時々TVに出演していて、とても綺麗な方ですね。

京子さんはSMAPの大ファンで、日本テレビ系『ナカイの窓』に出演したとき大感激していました。

ぽこきち

みちょぱママ、面白いね!

また2019年3月には日テレ系『人生が変わる1分間の深イイ話』に親子で出演しました。

母・京子さんは2回目の離婚後、34歳でシングルマザーになりましたが、「一人親だから、とは見られたくない」と複数の仕事と借金をしつつも女手一つでみちょぱさんと兄を育てました。

しかもその辛さを子供たちの前では見せなかったことを、みちょぱさんは語っています。

さらに、みちょぱさんの反抗期には殴り合いや家出などもあり、仕事よりもみちょぱさんの反抗期にの方が大変だったと吐露しています。

そんな母を見てみちょぱさんは「尊敬する人ってあまりいないけど、唯一ママは尊敬している。何もツラいところを見せずに一人で頑張ってくれていた」と告白していました。

地元は東京都北区赤羽

静岡県浜松出身のみちょぱさんは両親の離婚後、母と兄との3人で東京都北区へ引っ越しました

「地元は東京都北区赤羽」とたびたび公言しています。

ぽこきち

浜松市のことも、同じくらい大切に思っているんだよね。

みちょぱの10代の生い立ち:エピソード

ピースをするみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing

では、みちょぱさんの学生時代のエピソードを紹介します。

浜松市の小学校~神谷小学校時代:エピソード

みちょぱさんは、はじめは静岡県浜松市北区の公立小学校に入学したそうです。

みちょぱさんが4歳で両親の1度目の離婚、5歳で復縁、一年経たずに2度目の離婚の申し出をしたということは、あの修羅場の時は6歳でした。

一般的には、離婚の訴えを起こしてから裁判まで持ち込まれ最終的に離婚が成立するまでは1~2年ほどかかりますし、長いと3年かかるケースもあります。

6歳という年齢はちょうど小学校に入学する年頃なので、離婚成立までは浜松市の小学校に通っていたはずです。

両親の離婚とともに東京都北区に引っ越したことは、みちょぱさん本人が語っています。

「2年半しか一緒にいなかった」ということは、小学校3年生の途中で転校した可能性が高いですね。

さらに、みちょぱさんのTwitterではたまに「神小」とのつぶやきを見かけますが、「75期生」という表現から卒業した小学校だと推測できますね。

浜松市北区には「神」がつく小学校がないので、この「神小」は東京都北区にある神谷小学校で間違いないでしょう。

ぽこきち

みちょぱがどこの小学校か、いろいろな噂があるよね。

2021年5月放送のニッポン放送『#みちょパラ』に出演したみちょぱさん。

「小学生の頃は学校嫌いで、泣いてばかりだった」と、当時のエピソードを語ってくれました。

子供の頃は“学校嫌い”だったという池田は、自身の小学校1年の頃の思い出として、「とにかくずーっと泣いてて」「学校行っても机に顔伏せて、ずーっと泣いてるみたいな子で」と振り返った。

引用元:exciteニュース

この泣き虫エピソードは、小学校1年生なら浜松市の小学校時代ですね。

原因や理由はなく、とにかく学校に行くのが嫌だったみたいです。

こちらもニッポン放送『#みちょパラ』からの話題。

2021年5月放送ですが、みちょぱさんは小学校4年生でテレビ東京系『アド街ック天国』に出演したことがあるそうです。

つまり小学校4年生の頃は、すでに東京都北区に住んでいたことになりますね。

ちなみに小学五5年生ですでにギャルに目覚めたそうですよ。

東京都北区立神谷中学校時代:エピソード

みちょぱさんの出身中学は、東京都北区立神谷中学校です。

仲の良いお友達も神谷小学校から、そのまま地元の神谷中学校へ入学したようですね。

中学に入学してから部活はバスケットボール部に入部しましたが、わずか3か月でやめたそうです。

次にバレーボール部に入部しましたが、こちらもわずか3か月でやめてしまいました。

ぽこきち

みちょぱ、飽きっぽいんだね~

また中学1~2年生の頃は反抗期真っ只中で、母・京子さんとは激しい喧嘩が絶えなかったみたいですね。

特に中学2年生の頃から学校をサボって荒川の土手で寝ていたり、友達のところに泊まりに行ったりと、京子さんを心配させていたとのこと。

そして中学3年生で「美舞羽凛(ひまわり)」という渋谷のギャルサークルを作りました。

そのギャルサークルの先輩が、ファッション雑誌「Popteen」の編集部とつながりがあり、それがきっかけで読者モデルになったとのこと。

YouTubeチャンネル『PopteenTV』では、中3のみちょぱさんを見ることができます。

『Popteen』の仕事を始めたのは中学3年生ですが、その当時の2013年は神谷中学校に関係するツイートが多いですね。

せっかく読者モデルデビューを果たすも、またもや3か月でやめたくなったみちょぱさん。

そこに母・京子さんが「また3か月でやめるんだ。続かなかったね」と言い、その言葉にカチンときて、やる気に火がついたとのことで、モデルはやめずに続けているそうです。

中学時代:元彼が少年院に入り手紙のやり取りをする

中学時代:元彼が少年院に入り手紙のやり取りをする
画像出典 みちょぱのLINEブログ

元彼が少年院に入り手紙のやり取りをしました。

交際前の悪事がバレて元彼が少年院に入ります。

その後、何通か手紙のやり取りをするもダウンタウンの浜田雅功さんが「映画みたいやな」とツッコミをいれました。

しかしながら、そのとき支えてくれていた先輩と付き合うことになり、ダウンタウンの松本人志さんにベタベタな話やなと軽くイジられていました。

通信制のルネサンス高校~N高時代:エピソード

みちょぱさんは東京都渋谷区代々木にある通信制のルネサンス高等学校に入学しました。

ルネサンス高等学校は学科試験はなく、書類選考のみで入学できます。

またルネサンス高等学校のチラシでは、みちょぱさんがPopteenモデルの在校生として頻繁に登場します。

ルネサンス高校のチラシのみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing
ルネサンス高校のチラシのみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing
ルネサンス高校のチラシのみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing
ぽこきち

ルネサンス高校にしてみたら、すごい広告効果だね!!

しかしちょうど高校3年生なった2016年4月、通信制のN高等学校(通称:N高)に転校しました。

N高は基本的にオンラインで授業が行われるので、芸能活動を続けるためにこちらの学校を選択したようです。

N高を卒業してからは大学へは行かずに、芸能活動に専念しています。

みちょぱの学力

舌を出しているみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing

みちょぱさんの最終学歴は高卒ですが、2つの高校いずれも通信制の学校で学科試験や偏差値がないため、学校のランクはわかりません。

しかし通知表はTVで公開されたことがあります。

2017年6月放送の日本テレビ系『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』に出演したとき、みちょぱさんの中学3年時代の通知表が披露されました。

通知表は5段階評価ですが、保健体育以外の全教科がすべて「1」という驚きの成績で、スタジオは騒然としました。

唯一「1」ではなかった保健体育ですら「2」という惨憺たる結果でも、当の本人は「私には勉強は必要ない」とあっけらかんとして笑いを誘っていました。

ぽこきち

これってなかなか取れない成績だよね。

みちょぱの頭いいエピソード

賢そうなみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing

たとえ成績が悪かったとしても、それだけで頭の良し悪しは決められませんよね。

芸能界やファンの間では、みちょぱさんの頭の良さがたびたび話題になります。

意外なマルチっぷり

2022年8月に週刊女性PRIMEで発表された『【一般女性900人が選ぶ】好き&嫌いな“バラエティー女子”ランキング!』では、みちょぱさんが4位に選ばれました

 4位にはギャル枠から“みちょぱ”こと池田美憂がランクイン。「初めは単なるいまどきのギャルタレントかと思っていましたが、きちんとした考えを持っているのを見て好感度が上がった」(54歳・東京)、「美人で媚びないところが好き」(39歳・奈良)、「朝の情報番組とかでちゃんと自分の意見が言えてて、実は頭いいんだろうなと感心した」(38歳・鹿児島)

 モデルにタレントだけではなく、最近では情報番組のコメンテーターまでこなす意外な(?)マルチっぷりを発揮しているのも好感度につながっているかもしれない。

引用元:週刊女性PRIME

近頃はモデルだけでなく、タレントやコメンテーターとして幅広く活躍しているみちょぱさん。

そのマルチな才能が再評価されていますね

切り返しのうまさ

切り返しのうまさにも定評があるみちょぱさんは、近年バラエティー番組にもひっぱりだこです。

有吉弘行さん、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、爆笑問題など大御所タレントが司会をする番組でもよく見ます。

また、みちょぱの場合、トークそのものに爆発力があるというよりも、相手のトークを受け止めてからの切り返しのうまさが魅力でもある。2020年4月2日に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「みちょぱスゴイぞ芸人」特集では、芸人たちが「(自分たちのことを)男として見ることはないの?」と聞いたところ、みちょぱは「え、あると思ったんですか?」と、気持ちのいいぶった切りを見せた。

引用元:Smart FLASH

 大御所タレントに対する鋭い切り返しや軽快なツッコミは、見ていて気持ちいいですよね。

観察力が鋭い

みちょぱさんは観察力も鋭いですね。

みちょぱさん自身も意識して人を観察しているようです。

お仕事は、バラエティの仕事も情報番組のコメンテーターも、気持ちはどれも一緒です。ただ、普段から、「こういう人になりたくない」っていう人を結構観察してます。

ファッションショーでも、態度悪いモデルちゃんを見ると、「ああはなりたくない」って思う。売れちゃって天狗になってる人を見ても、「こうはなりたくない」って。普段、テレビの現場では、その「こうなりたくない」を集めて、応用している感じですね(笑)。「こいつ面倒くさい」って思われたら面倒くさいから、空気はすごく読みます。

引用元:with online

みちょぱは壮絶な生い立ちでも人生は切り拓けると希望を与えた

輝くみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing

世の中には生い立ちが不幸だったり複雑な家庭環境だったりして、卑屈になったり立ち直れなかったりする人がいます。

みちょぱさんの生い立ちも壮絶ですが、いま現在このように輝いていられるのは、みちょぱさんに人を惹き付ける要素があるからだと考えられます。

みちょぱさんの行動や生き方から、人生を切り拓く秘訣が見つけられそうですね。

気遣いと優しさ

みちょぱさんの一番素敵なところは、他人のことを思いやれる優しさではないでしょうか。

みちょぱさんはさっぱりとした性格で物怖じしない発言が多かったため、デビュー当時は「生意気だから嫌い」という声もありました。

しかし人気が出て露出が増えると、みちょぱさんが周りに気配りができる優しい性格だと理解してくれる人が増えました。

裏表がない性格

ちょっと売れると天狗になってしまう若いタレントが多い中、みちょぱさんはデビューからずっと態度がかわりません。

共演者・裏方のスタッフ・ファンなど、どんな人に対しても礼儀正しく、人に対して裏表なく接しています

自分を見失わない

みちょぱさんは仕事に対する意識が高く、自分の考えもしっかり持っています。

みちょぱさんのファンはそんなところに共感しているようです。

両親の離婚や反抗期など、あれだけ壮絶な生い立ちがあっても家族思いなみちょぱさん

しっかりと自分を持っていて周りに流されることない強さ、そして強いからこそ人にも優しくでき、その結果、周りに人が集まり支持されるのでしょうね。

ぽこきち

みちょぱ、知れば知るほど好感が持てるね。

まとめ

笑顔のみちょぱ(池田美優)
画像出典:Bing

いかがだったでしょうか?

最後にまとめです。

  • みちょぱの壮絶な生い立ち、それでも父も大好き母も尊敬している
  • 学生時代のエピソード、泣き虫から反抗期を経てモデルやタレントで大活躍
  • みちょぱは勉強していないが頭は良い
  • みちょぱは壮絶な生い立ちでも人生は切り拓けると希望を与えてくれる

これからも、みちょぱさんを応援していきたいですね。

ご覧いただき、ありがとうございました。

シェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる