マツコ・デラックスの本名は松井貴博で読み方は?卒アル流出!親号泣?

マツコ・デラックスさんの本名が松井貴博(まつい・たかひろ)であることをご存じですか?

女装タレント、コラムニスト、エッセイストなど多くの肩書を持ち、マツコの愛称で親しみのあるマツコ・デラックスさん。

思わずクスっと笑ってしまう、愛のある毒舌にファンも多いのではないでしょうか。

本記事では、

  • 松井貴博(まつい・たかひろ)の経歴
  • 「マツコ」の由来
  • 両親との関係

など、「テレビで見ない日はない」ほど有名なマツコさんの、謎に包まれた過去についてご紹介します。

目次

マツコ・デラックスの本名は松井貴博

マツコ・デラックスの本名は松井貴博
マツコデラックス  すっぴん – Bing images

マツコ・デラックスこと松井貴博(まつい点・たかひろ)さんは、あくまで女装が好きな男性同性愛者であり、「女性になりたい」願望はないことで知られています。

小学生のころには同性愛者であることを自覚し、初めて女装をしたのは高校生のころと言われています。

本名と読み方松井貴博(まついたかひろ)
年齢と生年月日1972年10月26日・49歳(2022年現在)
出生地千葉県千葉市稲毛
職業タレント・コラムニスト・エッセイスト
年収(2022年)6億超え?

とある番組で、ミッツ・マングローブさんから「年収6億円」と暴露がありましたが、ご本人はしっかり否定されています。

テレビやラジオ、本の出版など多様な分野で活躍されているため「年収6億円」も不思議ではありませんよね。

松井貴博の学歴

マツコ(松井貴博)さんの出身小学校と、中学校は今のところご本人から公言されていないため不明です。

1985年卒業小学校(不明)
1988年卒業中学校(不明)
1991年卒業県立犢橋高校
1993年卒業東京マックス美容専門学校

松井貴博さんは、東京マックス美容専門学校を卒業後、美容師見習いとして働きはじめました。

テレビで活躍する同性愛者の姿をきっかけに人生を見つめなおし、ゲイ雑誌の記者として働き始めたのが原点と言われています。

しかし20代後半に記者を退職し、その後2年間におよぶ引きこもり生活を実家で送っていた過去がある松井貴博さん。

今でこそ、名前が番組名になるほど超売れっ子ですが、華々しい活躍の裏には苦労が絶えなかったようです。

ニックネームのマツコの由来

ニックネームのマツコの由来
画像出典 https://togetter.com/li/1159798

ニックネームの「マツコ」は、本名「松井貴博」苗字「松」に「子」をつけたシンプルな成り立ち

女性のような立ち居振る舞いから、芸能活動をする以前より「マツコ」の愛称で親しまれていたようです。

芸名の「マツコ・デラックス」の「デラックス」は、ゴージャス感をだすために付け加えたそうです。

中学の卒アル流出

マツコ・デラックスさんの本名が、「松井貴博」であることがメディアに露出したのは、中学時代の卒業アルバムの流出がきっかけと言われています。

こちらが流出した中学時代の写真です。さすがの貫禄ですね。

中学の卒アル流出
マツコデラックス 本名 – Bing images

卒業アルバムが流出となれば、小学校も中学校も明らかになりそうですが、ご本人が公言されていないため断定はできないみたいですね。

松井貴博さんの出身小学校と中学校は、今のところ

  • 千葉市立園生小学校
  • 千葉市立小中大中学校

この2つが濃厚だと言われています。

テレビ番組で「実家の最寄り駅が総武線の稲毛」と言われていたことから、「千葉市立小中大中学校」である可能性が高いようです。

松井貴博と木村拓哉の高校は同じ

松井貴博さんの出身高校である千葉県立犢橋高校、なんと元SMAPの木村拓哉さんと同級生だった時期があるそうです!

松井貴博と木村拓哉の高校は同じ
マツコデラックス キムタク – Bing images

木村拓哉さんは高校2年生のときに転校したため、県立犢橋高校に通った1年間だけ同級生だったようですね。

松井貴博さんの変貌ぶりに、「どいつがマツコか分かんねぇよ」と突っ込んだ木村拓哉さん。共演する機会も増え、今ではプライベートでも交流する仲の良いお二人です。

松井貴博と木村拓哉の高校は同じ
マツコデラックス  キムタク – Bing images

松井貴博の妙名診断

マツコ・デラックスさんの本名、「松井貴博」を勝手に妙名判断してみました。抜粋してご紹介します。

松井貴博の妙名判断
松井 貴博さんの診断結果 – 姓名判断 彩 (namaeuranai.biz)

総格:晩年期に影響

大凶:常時トラブルメーカーであるものの、人間性が良いがゆえに揉めごとにくびを突っ込み、ダメージを受ける可能性があります。

地格:他人から見る自分の印象

大大吉:最大吉数のひとつであり、、誰もが成しえない極みまで上り詰め、財産や人も全てに思い通りになると言われています。

人格:人間の内面を象徴

大吉:最終的には成功を手に入れることができ、努力は必要不可欠であるものの、努力が結果に結びつくと言われています。

仕事運

大大吉:人からの信頼が厚く、仕事の頑張りがすべて問題なく進むと言われています。

妙名判断は、非常に良い結果でした!

今まで以上にご活躍される可能性が高く、目が離せませんね。

https://togetter.com/li/1159798

松井貴博の親

松井貴博の親
松井 貴博 – Bing images

紆余曲折あった松井貴博さんの人生。

セクシャルマイノリティに悩んでいた青年期は、ご両親との関係も複雑で、仕事について言及できなかった時期もあったそうです。

しかし今の成功の裏には、堅実な父親と、ひっそりと応援してくれていた母親の支えがありました。

松井貴博の父親はとても堅実な性格

松井貴博さんの父親は、建設会社に勤めるサラリーマンで、マメで堅実な方だったようです。

家電製品が故障してもすぐに買い替えず、変色するまで修理をしつつ使用していたエピソードがあります。

人しい印象の父親像ですが、雑誌の記者を退職し実家に引きこもっていた際には、「働かない者は水も飲むな」と当時の松井貴博さんに一喝されたそう。

厳しい言葉の裏には、息子を想う父親の深い愛情が含まれているように思います。

松井貴博は母似・手紙で大笑い&号泣する過去

松井貴博さんの体格や顔立ち、ふるまい方や話し方などは母親ゆずりと言われています。

セクシャリティについても職業についても、母親に説明できなかった松井貴博さんですが、一通の母親からの手紙をきっかけに心を通わせはじめます。

「マツコ・デラックス」として芸能界で活動しはじめたころ、東京のローカル番組に出演が決まりました。その時期に、母親より「テレビを観ている」という主旨の手紙が届きます。

その手紙の最後には、

今日も5時の生放送をみます。

とつづられていたとのこと。女装した息子をずっと見ていた母親の姿を想像し、マツコさんは大笑いしたと語られます。

そして、「私は孤独ではない」と再確認できたことに安堵し、号泣したのでした。

親が名付けた貴博の意味と込められた思いとは

親が名付けた貴博の意味を込められた思いとは
松井 貴博 – Bing images

松井貴博さんのご両親は、どのような思いを込めて「貴博」と名付けたのか、勝手に想像してみました。

:「貴重」の「貴」は、「貝を両手で捧げる」様子を表している。「とうとい」「たっとぶ」「うやまう」

:田畑に苗を植える情景を表している。「ひろい」「ひろめる」「ひろくいきわたる」

ご両親にとって、「貴博さん」は尊い存在であり、そして、人々の心に広く苗を植えるように人脈を広げ、愛され続けてほしいという思いが込められているのではないでしょうか。

まとめ

https://togetter.com/li/1159798

今回、マツコ・デラックスさんこと「松井貴博」さんの成り立ちや、ご両親との関係性について解説しました。

想像もできないような苦労や辛い経験をされてきたからこそ、マツコさんの言葉は心に響きます。

 楽しかろうが楽しくなかろうが何かに挑戦し続けてるって事が大事だってことが分かったの。

マツコ・デラックスの名言30選|心に響く言葉 | LIVE THE WAY (live-the-way.com)

今後も挑戦し続けるマツコ・デラックスさんの姿が拝見できるとうれしいですね。

シェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる