高木美保の農業はどこ?高木美保が語る自然と人が共生する暮らしとは?

高木美保は農業

女優、コメンテーターやタレントとして活躍されている高木美保さんですが、自然を求めて栃木県那須塩原で農業をしているのは、皆さんご存じだと思います。

高木美保さんは1998年11月から栃木県那須塩原市にご両親と共に移住され、農業をやり始めたら虜になってしまったそうです。

高木美保さんの農業は自然農法にこだわり、「化学肥料や農薬を使わない」と言うことです。そこで、高木美保さんはなぜ農業に興味を持ち始めたか、また、高木美保さんが考える自然と人が共生するくらしとはどのようなことなのか、解説していきたいと思います。

  • 高木美保の農業
  • なぜ農業をしたいと思ったのか
  • 女優になってみたが私のテーマは
  • 農業のあり方で地球と健康を守れる
  • 畑作りの名言
  • 場所はどこ
  • 高木美保が考える自然と人が共生する暮らしとは

プロフィール

本名高木美保
出身地東京都葛飾区 (千葉県松戸市育ち)
生年月日1962年7月29日
職業女優・コメンテーター・エッセイスト・タレント・農業従事者
配偶者既婚
学歴和洋女子大学中退
目次

高木美保の農業

高木美保農業
画像出典 google

高木美保さんが1998年11月に東京から栃木県那須塩原市に移住してきたところは、別荘地でもある農村地域になっています。

高木美保さんは、芸能活動をしているときあまりにも忙しく不規則な生活に、ストレスを感じパニック障害を起こしていまいました。病気を克服するためにも自然豊かなところで過ごしたいという気持ちで、栃木県那須塩原市に決めたようです。

農業が趣味と言うこともあり、自給自足を目標に有機農法にも挑戦しています。植え付け時期が遅れると収穫が少なくなったりすることで、『自然の読みがまだまだ浅い』とご自身で話されていました。

また、自分で作った野菜や、田んぼを借りて作ったお米はとても美味しいと言うことで、農業の虜になった理由でもあるのではないでしょうか。

高木美保さんにとって、農業をすることは自然から生命力をいただいているという考えのようです。

なぜ農業をしたいと思ったのか

高木美保農業
画像出典 google

高木美保さんはなぜ農業をしたいと思ったのでしょうか。

農業をしたいと思ったきっかけ

高木美保さんは女優やタレントの仕事をしていましたが、有名になるにつれプレッシャーや仕事の忙しさから、体力気力に限界を感じはじめました。芸能界にいると自分が自分ではなくなるという不安から、よけいなものは捨て、田舎暮らしをしたいと思い移住を決心したそうです。

また、1998年に突然電車の中でパニック障害の発作を起こしまったそうで、病気も自然豊かなところで克服したいと思ったのもひとつの移住のきっかけにもなっています

高木美保農業
画像出典 google

スタッフや周りの方には反対されましたが、『自分は那須に行けば幸せになれる』と確信してたようです。

高木美保さんは【田舎暮らし=農業をすると言うイメージを持っていたのではないでしょうか。

農業をはじめたら『本当の自分に戻れた』とう言う安心感もあったようで、このことから農業をやりたいとおもったのだと思います。

現在も東京と那須を行き来しながら農業を続けています。

女優になってみたが私のテーマは

高木美保さんは21歳のときに女優デビューしていますが、元々女優にはなりたいと思ってはいなかったそうです

大学を中退し、たまたま女優志願の友人に誘われ、ついでに受けて受かってしまったのが、女優の仕事のはじまりになります。

友人は家業を継ぐので女優を辞めてしまいましたが、残された自分はどうしたらよいか、最初は出る側ではなく制作する側なりたかったそうです。制作側というより本当は、メイクさんのように裏方をやりたかったということです

高木美保さんは女優業をしていた時『なぜこのセリフを言わなきゃいけないのか』セリフのことでは監督とよく喧嘩をしていたと話されていました。

30歳すぎから演じることに疲れを感じ、女優を辞めて楽に稼ごうと思い、周りの人の絶大な理解で好きな方向に行けたことは、感謝しなくてはと思っているそうです。

高木美保農業
画像出典 bing

父親からいつも言われたことは『一人の人間として成立しなければ、女優になる資格はない』と言われたことで、月に5冊は本を読み、新聞やニュースには必ず目を通して自分に課していました。

心掛けていたことが結果的にチャンスを生み出し、コメンテーターになれたのかも知れませんね。

高木美保さん自身にはテーマがあるようです。一言でいうと、『時代性と普遍性』だそうです。

時代の流れで流行っているものは一つの文明でもあり、永遠に変わらない普遍的な価値を追求いていきたいと思っている』と言うことがテーマの内容でした。

*因みに時代性はその時代を感じさせるもののことを言い、普遍性はすべてのものに通じることを言います。

農業のあり方で地球と健康を守れる

高木美保農業
画像出典 google

最近の高木美保さんはコメンテーターの他、講演や執筆にも力を入れています。講演の仕事が増え、全国を回っていますが、『人に何かを伝えるのは楽しいですね』とインタビュー記事で話されていました。

高木美保さんが一番伝えたいことは、自然と人と農業のつながりです。

  • 人はどのように生きていくか、どのような農業をすれば地球を守れるか。
  • 農薬や化学肥料などで、土と水が汚れているのはどうするか。
  • 生命より経済性を優先するのは、自然の生態系をも狂わせている。
  • 地球全体を考えた農業を国が奨励してほしい。

以上のようなことを高木美保さんはいつも考えているそうです。

また、農薬を使わず育てられた野菜を旬に合わせて食べていれば、『健康にもなるし医療費も削減できるのでは』と言う考えをもっています。

国の社会保障も安泰になるので良いのではと言うことですね。

高木美保さん曰く、見た目が良くて安い野菜よりも、本当に地球にも人にも良い野菜を買うように、消費者も変わっていくべきだと思っているようです。

高木美保さんは農業を通じて地球全体のことまで考えているのは素晴らしいことだと思いました。

畑作りの名言などあるか

高木美保農業
画像出典 google

高木美保さんの畑を作る上での名言というと

  • 野菜の力を信じて甘やかさない。
  • 最低限の肥料を与えることで、成長は遅いが生命力が強くなる。
  • 野菜が生きようとする力に少しサポートする。

以上のようなことでしょうか。

毎日採れたて野菜を食べていると、体のなかに生命力が入ってくるのがわかる』とも話されていて、このことが一番驚いたそうです。

最近では農業移住をされる方も多くなってきました。那須塩原市でもチャレンジファーマー事業では、農業初心者でも大丈夫なコースがあるようです。

体験してみたい方は参考までhttps://agri.mynavi.jp/2022_04_28_191469/

場所はどこ

高木美保畑の場所
イメージ画像出典 google

那須塩原市は栃木県の北部に位置しており、市の面積の半分は那須火山帯に属した湯量豊富な温泉地です。

高木美保農業
画像出典 bing

高木美保さんの家は別荘地を含む農村地域にあるようですね。

高木美保さんが借りていた農地で最も広く借りられた時期で、田んぼ1たん(10アール)と畑600坪(20アール)だそうで、「農地法」により農地が購入できないことも知らなかったようです。

たまたま兼業農家の方と友達になり貸していただいたそうですが、このように『導いてくれる人や仲間を作ることには自主性が必要です』とも言っておりました。とても共感できる言葉ですね。

自然の中で人とのつながりも、大事にしていかなくてはいけないと言うことも教えられた気がします。

高木美保が考える自然と人が共生する暮らしとは

高木美保農業
画像出典 google

高木美保さんが考える自然と人が共生する暮らしとはどのような事でしょう。

『あこがれの家』のインタビューの中から、高木美保さんは農業で、野菜を育てることによって自分も育ててもらっていることが、相互作用になることが良いと言われています。

野菜は育てているけど、逆に自分も育てられてると感じているそうです。また、自然は謙虚に接すれば人間に力を与えてくれるとも話されていました。

現在、猫と暮らしている家は、自然の中で生きていくために建てた家でもあり、猫のために建てた家でもあるそうです。

家は別名『お猫様ハウス』と呼んでいますが、トイレの中が生活できるような場所になっていることで、有名なのはご存じでしょうか? このトイレは『入院加療ができるくらい清潔にしている』とも話されていました

トイレの中でご飯も食べることあるぐらいなので、よっぽど居心地の良い場所なのでしょう。

高木美保農業
画像出典 google

高木美保さんが思うことは、那須に「住む」ではなく「住まう」という言葉で表現したいと言うことです。

自然の中で「住まわせてもらっている」ことが、自然と人が共生していると言うことなのでしょう

まとめ

高木美保さんの農業について解説してきましたが、おわかりいただけたでしょうか?

自然のまま生きればすべてがうまくいく』は高木美保さんのモットーですが、確かに自然の中で土に触れ、植物に触れ、動物等に触れて生きていけば、何事もなく生きていけそうな気がしてきました。

しかし、移住はとても勇気のいることだと思います。高木美保さんは行動力があり、本当に素晴らしい方だとつくづく思いました。

まとめとしておさらいして見ましょう

  • 高木美保の農業
  • なぜ農業をしたいと思ったのか
  • 女優になってみたが私のテーマは
  • 農業のあり方で地球と健康を守れる
  • 畑作りの名言
  • 場所はどこ
  • 高木美保が考える自然と人が共生する暮らしとは

ここまで読んでくださりありがとうございました。

シェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる