高カカオチョコレート「食前」何分前が効果的?「食後」はダメ?

高カカオチョコレート、よく見かけるようになりましたね。

「お砂糖が少ないから」「体に良いみたい」

なんとなく、食べていませんか?

高カカオチョコレートの優れた効果を知り、それを最大限に引き出すタイミングで、食べてみませんか。

\本記事を読むと、以下のことがわかります!/

  • 高カカオチョコレートって何?
  • 高カカオチョコレートが良いとされる理由
  • 「いつ、どのくらい食べるといいの?」高カカオチョコレートの上手な摂取方法
目次

高カカオチョコレートは何パーセント?

高カカオチョコレート

「高カカオ」というのは、カカオ成分が多く含まれていることを示しています。

カカオ含有率70%以上の製品が、高カカオチョコレートとして売られていることが多いのですが、実は、高カカオチョコレートが何%のものからを指すのか、はっきりとした定義はありません。

一般的なチョコレートのカカオ含有率は30~50%程度で、砂糖やミルクなどを加えることで甘さを出しています。

一方の高カカオチョコレートは、カカオ含有率が70%~と高くなるので、カカオの味を楽しむことができますが、砂糖をはじめとする副材料の含有率が下がるため、甘さは控えめです。

高カカオチョコレートを食べるタイミングは食前何分前?

高カカオチョコレート

高カカオチョコレートを5g、「食前」20~30分前に食べるのが最も効果的です。

チョコレート5gは、板チョコタイプであれば2カケ、粒タイプなら3粒程度の量です。

例えば食事を作っている時、または外食に出かける前など、生活スタイルによってタイミングは異なると思いますが、高カカオチョコレートを食べた後はできれば間を空けて、食事をしてくださいね。

高カカオチョコレートを食前に摂取するのが効果的な理由

高カカオチョコレート

チョコレートは、カカオ豆から作られています。カカオ豆をペースト状にした「カカオマス」と、カカオ豆の油脂分「カカオバター」がチョコレートの主な原料です。

カカオの産地や収穫時期によっても異なりますが、カカオマス(ガーナ2005年産)には17 g/100 gの食物繊維が含まれていたことが報告されています。

食物繊維は糖質の吸収をゆるやかに、血糖値が急劇に上昇するのを抑える働きがあります。

この働きが、食物繊維が多く含む高カカオチョコレートを、食前に接種するのがよいと考えられている理由です。

ぽこきち

「食事は野菜から食べるのがよい」とされるのと、同じ理由なんだね!

ダイエットにも影響!高カカオチョコレートを食べた後の血糖値の変化

シェアお願いします!

コメント

コメントする

目次
閉じる